ケアの方法を比較

カラコンには使用期限があります。カラコンの使用期限には1日使い捨てのワンデータイプから1年間つかえるものまで幅が広く、ケアの方法もそれぞれ異なります。カラコンの使用期限別でケアにかかる手間とその方法を比較しました。

一番手間がかからないのは使用期限が最も短いワンデータイプです。ワンデータイプのカラコンは使い捨てにすることを前提に作られているため、その他のものと比較して厚みが薄く、耐久性が低いものがほとんどです。そのため、ワンデータイプのものを洗って繰り返し使うことは目を痛める原因となるため絶対に辞めましょう。

それ以外のタイプのものは、洗浄・すすぎ・消毒をして保存液に浸して保管します。通常の手入れの他、1週間に一度くらいはタンパク質を除去するための本格的な洗浄が必要になります。タンパク質がレンズに付着するとごわごわとした違和感が残り、1年使用できるものでも途中で目がゴロゴロするなどの不快感が出る恐れがあります。また、カラコンを入れるケースも定期的に交換が必要になるのでワンデータイプと比較すると手間がかかるのです。一度開封して使用したら、使う日数が少なくても使用期限が来たら交換しなければなりません。

そのため、ケアにかかる手間で比較すると、圧倒的にワンデータイプが楽です。毎日手入れをするのが面倒だという人は、1日使い捨てのワンデータイプのカラコンを選びましょう。